みんこ
autora:みんこ
バルセロナMBA留学の夫についてきた妻。こちらに住んで早1年。残り半年、がんばります。


05  | 06/2018 |  07
do lu ma mi ju vi sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

○categorías
  • 暮 (101)
  • 衣 (4)
  • 食 (44)
  • 住 (4)
  • 学 (15)
  • 美 (2)
  • 観 (14)
  • 珍 (6)
  • 旅 (76)
  • 思 (4)


  • ○entradas últimas
  • Muchas Gracias!!! (07/08)
  • 出発 (10/04)
  • 最後の夜 (04/04)
  • 最後の散歩 (03/04)
  • 最後のランチ (02/04)
  • スペイン語、修了 (01/04)
  • あたたかい (31/03)
  • Sevilla (30/03)
  • Segovia (29/03)
  • Madrid (28/03)


  • ○comentarios últimos
  • みんこ:ポルトガル ?食事編? (01/12)
  • こえだ:ポルトガル ?食事編? (28/11)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (29/08)
  • k-chulo:Muchas Gracias!!! (28/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (26/08)
  • すず:Muchas Gracias!!! (24/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (13/08)
  • マチャン:Muchas Gracias!!! (13/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (11/08)
  • ムロムロ:Muchas Gracias!!! (09/08)
  • YUYA:出発 (22/07)
  • みんこ:出発 (21/07)
  • YUYA:出発 (05/07)
  • みんこ:あたたかい (13/04)
  • マチャン:あたたかい (12/04)


  • ○archivos
  • 08/2008 (1)
  • 04/2008 (5)
  • 03/2008 (22)
  • 02/2008 (7)
  • 01/2008 (16)
  • 12/2007 (16)
  • 11/2007 (8)
  • 10/2007 (7)
  • 09/2007 (4)
  • 08/2007 (10)
  • 07/2007 (31)
  • 06/2007 (19)
  • 05/2007 (14)
  • 04/2007 (12)
  • 03/2007 (14)
  • 02/2007 (11)
  • 01/2007 (11)
  • 12/2006 (14)
  • 11/2006 (10)
  • 10/2006 (17)
  • 09/2006 (11)
  • 08/2006 (10)


  • busca en este sitio...
    Muchas Gracias por venir!!

    --/ --/ --/ -- * --:--
    ○ スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    Sun/ 30/ 03/ 2008 * 23:23
    ○ Sevilla

    マドリッドから高速列車AVEに乗って、1時間半。
    この旅の最終目的地、セビーリャまで到着。想像以上に快適でした

    IMG_6402s2.jpg
    闘牛観戦。
    新婚旅行のときはテロの影響で中止になり、観れなかったので、
    4年越しの願いがやっと叶いました!!

    マタドールと闘牛の真剣勝負は鳥肌もの
    また地元の方々はきちんと正装でいらしてて、両者に対する尊敬を感じました。

    闘牛に対しては色んな意見がありますが、今回実際観ることができ、
    私自身、闘牛に対する見方が少し変わったような気がします。


    IMG_6449s1.jpg
    フラメンコ鑑賞。
    さすがは本場セビーリャ。今まで見たタブラオの中で一番素晴らしかった
    ダンスはもちろん、歌もギターも最高!! プロ意識を感じました

    <Los Gallos>
    住所 :41004 Sevilla, Spain
    Tel :954 216 981



    スペインを感じる街
    スポンサーサイト


    Sat/ 29/ 03/ 2008 * 22:23
    ○ Segovia

    マドリッドから北西へバスで2時間
    セゴビアまで行ってきました。初めてのカスティーリャ・レオン州入り。

    IMG_6277s1.jpg


    古代ローマの水道橋。

    なんと、接合材が一切使われていないとのこと。
    どうやって作ったのでしょうか、ホント昔の人はすごいなぁ

    セゴビアの旧市街と合わせて、世界遺産として登録されています。


    IMG_6291s1.jpg


    セゴビアといえば子豚の丸焼きということで、もちろんいただいてきました


    外はパリパリ、中はジューシー
    これはやめられませんね。





    世界遺産の街



    Fri/ 28/ 03/ 2008 * 23:22
    ○ Madrid

    スペインの首都マドリッド。

    4年前、新婚旅行で来たときには、アトーチャ駅列車爆発テロ事件の翌々日で、
    街全体が悲しい雰囲気に包まれていました

    さて。

    マドリッドといえば、やは美術館でしょう。
    ソフィアでは2回目のゲルニカを鑑賞したり、ちょうどピカソ展をやってたこともありかなり楽しめましたが、初めて訪れたプラドでは絵画に全く興味がない私たちには、全部同じように見えました。。。

    美術館以外、あまり観るものが無いマドリッドでは、食事を楽しみに
    私たちのオススメをいくつかご紹介したいと思います。

    IMG_6264s1.jpg

    サラマンカ産のハモン・イベリコ・ベジョータ。

    口の中でとろける食感
    バルセロナでは今まで何産のを食べてたのかわかりませんが、全くの別物。

    めちゃくちゃ美味しかった?。


    <Toma Jamon>
    HP:http://tomajamon.com/
    マドリッドに3店あります。


    IMG_6271s1.jpg

    オンゴス(Hongos)。

    フランスのセップ、イタリアのポルチーニ。

    結構いいお値段しましたが、これは食べる価値あり!!
    少々旬の時期からはズレてましたが、卵とじのセップもトロトロめちゃうま

    老舗のワインバーにて、立ち飲み、立ち食い。
    店員さんとおしゃべりしながら。
    〆は店員さんのオゴリの白ワインで


    <El Tempranillo>
    住所 :Cava Baja 38, 28005 Madrid Spain
    Tel :913 641 532


    IMG_6256s1.jpg

    炭火焼の仔羊ラムチョップ(Chulletillas)。

    乳だけで育った半年以内の仔羊(Lechazo)。
    仔羊大好きな夫が完全にハマってしまったご様子
    肉の柔らかさに加え、仔羊独特の香りがホントに最高。
    やっぱりラムは"ニオイ"がしないとね?。

    あまりの美味しさに、2日連続ご来店。
    店員さんに笑われちゃいました


    <La Tahona>
    住所 :Calle Capitan Haya, 21 Madrid Spain
    Tel : 915 550 441


    バルセロナでは食べられないようなものがいろいろ食べれました。
    さすが首都。日本の築地に次ぐ世界第二位の大きさを誇る市場もあるようで、魚も新鮮でおいしいそうです。

    「食」ではマドリッドに軍配



    山の幸が美味しい街



    Thu/ 27/ 03/ 2008 * 23:07
    ○ A Coruña

    IMG_6224s2.jpg
    サンティアゴ・デ・コンポステーラから電車で1時間
    ア・コルーニャという大西洋に面する港町へ。
    マリーナ大通りには、白枠のガラス窓の建物が立ち並びます。

    ここへ来たのは、食事のため
    知り合いの方に、地元民オススメの美味しいレストランをご紹介いただいたのです。
    魚貝が美味しいといわれているガリシア地方ですが、大きな海老がプリプリでした
    アコルーニャに遊びに来た際は、ぜひご賞味あれ。

    <O BEBEDEIRO ADEGA>
    住所 :Calle de Ángel Rebollo, 34 15002 la coruña spain
    Tel :981 210 609



    ガラスの街


    Wed/ 26/ 03/ 2008 * 23:25
    ○ Santiago de Compostela

    帰国前、最後の旅行へ行ってきました。
    色々悩んだのですが、スペインをもっと知ろう!!ということで、国内旅行に決定。

    まずは、スペイン北西部ガリシア地方のサンティアゴ・デ・コンポステーラへ。
    ここはキリスト教三大巡礼地の1つで、大きなカテドラルには世界中から巡礼者が訪れるそう

    気候的に雨が多いので、その影響で緑がとても豊かな土地
    中央スペインの赤茶けた大地とは全く雰囲気が違います。

    IMG_6240s1.jpgそんなしっとりとした街並みをあてもなく歩いていると、たまたま美術館に出くわす。
    なんとなくひかれて入館。

    これが予想以上に、良かった
    地元出身のEugenio Granellという方の作品。

    閉館間近だったのもあるのでしょうが、館内には私たちだけでした。とても素敵な作品だったので、ぜひ多くの人の目に触れてほしいなぁと思います。写真集買っちゃいました

    <Fundacion Eugenio Granell>
    住所 :Pazo de Bendana, Praza de Toural, Santiago De Compostela 15705
    Tel : 98 157 2124


    人が優しい街



    Thu/ 13/ 03/ 2008 * 23:17
    ○ 家族が来た

    IMG_5659s1.jpg

    日本から家族が遊びに来ました


    グラナダまで行ってきましたよ。
    アルハンブラ宮殿&フラメンコを満喫

    時差ボケなのか、昼間のビールが効いたのか、みんなちょっぴりウトウト・・・


    私たちは4年前の新婚旅行を思い出しながら、再び満喫させてもらいまいた



    洞窟



    Mon/ 07/ 01/ 2008 * 22:22
    ○ バイヨンヌ

    さて、国境を越えてフランス側バスクへ。

    ここへ来たのは、コリンちゃんの故郷、バイヨンヌ訪問のため。
    バイヨンヌはフランス側バスクの小さな街で、
    フランスで初めてチョコレートが伝わった場所として有名。

    コリンちゃんが、サン・セバスチャンまで車で迎えに来てくれました
    途中、Biarritzという海沿いの高級リゾート地に寄り道した後、いよいよバイヨンヌへ。


    IMG_4830s1.jpg
    こんな風に、白壁に赤枠の窓が典型的なバスクの家並み
    赤以外の家は、市にお金を収めないといけないとか。
    街の景観を大切にしている証拠ですね。

    スペインから車でたった1時間しか来ていないのに、
    言葉はもちろん、街並みやお店の雰囲気も全然違う。
    ピレネー山脈に囲まれた、大きなの川の流れる、ロマンチックなかわいい街
    ここはフランスだな?と改めて実感。


    IMG_4859s1.jpg
    コリンちゃん一家。
    4人兄弟で、一番下の弟はまだ9歳。かわいい?

    なんと、家は築200年。とても味のある木造の家で、今でもお父さんお母さんが
    幾度も改装を重ね、大切に住んでいる様子。

    とにかく、ホントにいろんなモノであふれかえっていた家の中は、
    一見無造作なようで、ひとつひとつのモノたちにそれぞれのストーリーが感じられるためか、
    まるで完璧に計算されているかのようなとっ散らかり方で、最高にオシャレ。
    インテリア会社で働いていた夫は、そりゃもう、終始大興奮

    お母さんが画家で、子供たちもその影響を受け、絵を勉強しているとのこと
    家のいたるところに絵が飾ってあり、すべての装飾が、とにかくわざとらしいくらいにすっごく自然。

    犬、猫、うさぎ、馬、にわとりなど、たくさんの動物たちと過ごす生活
    お父さんの自家製フォアグラのパテがとにかく最高で、
    手作り洋なしバニラジャムや、バケットも感涙モノ

    手作りで家を作ったり、絵を描いたり、夕食に何時間もかけたり、
    家具や食器やグラスも古いんだけど大切に長く使ってる感じとか、
    あわただしく移り変わりの激しい東京で過ごしてきた私にとっては、
    とてもとても素敵な生活に見えました

    うまく表現できないのですが、人生で一番のカルチャーショックでした。
    生活の豊かさ、Quality of lifeの豊かさに…。

    コリンちゃん含め、子供たちもホント素直でとてもいい子たち。
    こんな"超文化的"な家庭で育ったら、そりゃぐれないよな?。




    Fuimos a País Vasco de Francia para visitar a la casa de Coline en Bayonne.
    Bayonne es una ciudad muy famosa por chocolate, jamon y iglecia.

    Estas casas con la pared branco y la ventana roja son muy tipicas de Paìs Vasco.
    La gente que tiene la casa excepto este color tiene que pagar al ayuntamiento.
    Es la prueba de preservar el paisaje de la ciudad.

    El idioma y el ambiente de la ciudad son muy diferente de los españoles
    aunque vinimos solo 1 hora en coche desde España.
    Bayonne es muy bonita y romantica con el río muy grande y los Pirineos.

    La familia de Coline. Son 4 hermanos, su hermano más menor tiene 9 años, muy rico.
    Su casa tiene más de 200 años, increible!! Pero es muy preciosa y nos gusta mucho!!!
    Su madre es pintora, sus hermanos tambien estudian pintar.
    Entonces hay muchos cuadros en la casa.

    Viven con perros, gatos, caballos, gallinas y muchos...
    El foie y la mermelada de pera y vanilla que hizo sus padres son muy deliciosos
    y los barra de pan tambien son muy sabrosos.

    No puedo explicarme muy bien pero sentí un choque cultural muy grande.
    Toda la familia es muy simpatica y amable.
    Muchisimas gracias por Coline!!!



    フランスとスペイン、全然違う



    Sun/ 06/ 01/ 2008 * 22:18
    ○ サン・セバスチャン

    スペイン随一の美食の街、サン・セバスチャンへ。

    ビルバオからバスで1時間ちょっと。

    IMG_4730s1.jpg
    事前に選りすぐった10ヶ所以上ものBarで、ホント色んなピンチョス(小皿系ピンチョス含む)を食べました。

    その中でも、ここの海老のピンチョス(Brocheta de Gambas)は断トツのピカイチ

    これを食べた後では、他のそれなりに美味しかったピンチョスたちがかな?りかすんで見えました。
    もちろん何度も通っちゃいましたよ。

    サン・セバスチャンへ行ったら、ぜひお試しあれ。

    <GOIZ ARGI>
    C/Fermin Calbeton,4
    94 342 5204


    とにかくサン・セバスチャン、
    Bar巡りしかやることありませんでした。
    ま、そのために行ったようなもんだから、
    別にいいんですけどね?


    注)
    ピンチョス:お肉や魚介類を串刺しにしたり、バゲットにのせたおつまみ。
    小皿系ピンチョス:高級な食材を小皿にしたもの。



    ピンチョスボン


    Sat/ 05/ 01/ 2008 * 23:21
    ○ ビルバオ

    Mapa de Pais Vasco
    年明け早々、バスクへ。

    バスクとは、北スペインと南フランスにまたがる地域。
    バルセロナのあるカタルーニャ地方と同じで、独自の文化(言語など)を大切にしています。
    スペインから独立したがっているのも、同じ。

    とにかく食事が美味しいということで、以前から行ってみたかったのです
    まずは飛行機でぶ?んと、ビルバオ(Bilbao)へ

    街のシンボル、グッゲンハイム美術館はさておき(展示いまいち・・・)、
    意外に面白かったのが、これ。

    IMG_4672s1.jpg

    空飛ぶじゅうたん?

    みたいで、ちょっと衝撃を受けました(笑)。
    ビスカヤ橋といいます。

    橋から吊るされたゴンドラ(?)の両脇に人、真ん中に車が乗る仕組み。
    橋の上を歩くことも出来ます。夫が高いところが苦手なためNGでしたが・・・。

    周辺に橋がないのか、人も車も結構混雑していましたよ。

    何気に世界遺産



    バスク語ちんぷんかんぷん



    Wed/ 26/ 12/ 2007 * 23:53
    ○ Dulce Navidad 2007 al ultimo día

    あっという間に最終日。
    今日はゆっくりとアルバセテをお散歩。

    IMG_4568s1.jpg
    夏祭りのときだけ開かれるフェリア。
    Elena実家の目の前にあります。
    Se llama Feria. Abren en Feria de Albacete cada año. Está enfrente de la casa de Elena.

    IMG_4575s1.jpg
    闘牛場。
    こちらも夏だけ開催されます。
    Plaza de toros. En verano podemos ir los toros.




    さて、これで2007年クリスマス旅行は終わりです。

    今年は、クリスマスをスペイン家族とともに祝うという、
    とても貴重な体験をさせてもらいました。

    ラ・マンチャ地方は、美しい自然、あたたかい人たち、おいしい食材があふれる
    とても素朴で素敵なところでした

    まるで家族の一員のようにあたたかく迎えてくださった
    エレナ家族の皆さんに心から感謝です。

    そして誰よりもエレナ、ありがとう
    一生忘れられない思い出になるでしょう。


    Ya mi viaje a Albacete en la Navidad 2007 ha terminado.
    He tenido una experiencia muy preciosa de celebrar la Navidad con la familia española.
    En La Mancha hay muchas naturalezas bonitas, la gente muy afectosa y la comida delisiosa.
    Toda la familia de Elena me acogieron en su casa como a una persona de la familia.
    Les agradezco mucho. Muchisimas gracias por Elena!!!
    Nunca lo olvidaré...



    Soy una chica afortunada en una amiga española tan buena.


    [TOP] next >>
    copyright (C) 2006 ちょっと、ぽるふぁぼ?る all rights reserved. [ template by *mami ]
    //
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。