みんこ
autora:みんこ
バルセロナMBA留学の夫についてきた妻。こちらに住んで早1年。残り半年、がんばります。


01  | 02/2007 |  03
do lu ma mi ju vi sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

○categorías
  • 暮 (101)
  • 衣 (4)
  • 食 (44)
  • 住 (4)
  • 学 (15)
  • 美 (2)
  • 観 (14)
  • 珍 (6)
  • 旅 (76)
  • 思 (4)


  • ○entradas últimas
  • Muchas Gracias!!! (07/08)
  • 出発 (10/04)
  • 最後の夜 (04/04)
  • 最後の散歩 (03/04)
  • 最後のランチ (02/04)
  • スペイン語、修了 (01/04)
  • あたたかい (31/03)
  • Sevilla (30/03)
  • Segovia (29/03)
  • Madrid (28/03)


  • ○comentarios últimos
  • みんこ:ポルトガル ?食事編? (01/12)
  • こえだ:ポルトガル ?食事編? (28/11)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (29/08)
  • k-chulo:Muchas Gracias!!! (28/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (26/08)
  • すず:Muchas Gracias!!! (24/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (13/08)
  • マチャン:Muchas Gracias!!! (13/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (11/08)
  • ムロムロ:Muchas Gracias!!! (09/08)
  • YUYA:出発 (22/07)
  • みんこ:出発 (21/07)
  • YUYA:出発 (05/07)
  • みんこ:あたたかい (13/04)
  • マチャン:あたたかい (12/04)


  • ○archivos
  • 08/2008 (1)
  • 04/2008 (5)
  • 03/2008 (22)
  • 02/2008 (7)
  • 01/2008 (16)
  • 12/2007 (16)
  • 11/2007 (8)
  • 10/2007 (7)
  • 09/2007 (4)
  • 08/2007 (10)
  • 07/2007 (31)
  • 06/2007 (19)
  • 05/2007 (14)
  • 04/2007 (12)
  • 03/2007 (14)
  • 02/2007 (11)
  • 01/2007 (11)
  • 12/2006 (14)
  • 11/2006 (10)
  • 10/2006 (17)
  • 09/2006 (11)
  • 08/2006 (10)


  • busca en este sitio...
    Muchas Gracias por venir!!

    --/ --/ --/ -- * --:--
    ○ スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    Wed/ 28/ 02/ 2007 * 23:21
    ○ 映画を2本ほど

    前回の「VOLVER」ですが、ペネロペは残念ながら、主演女優賞逃しましたねぇ・・・
    それでも、こちらのマスコミはやっぱりペネロペで盛り上がっていましたが


    さて。スペインとは全く関係ないのですが、
    前回の映画の話題に便乗して、私たちの好きな映画を紹介したいと思います。

    20070301071647.jpg
    「恋人までの距離(ディスタンス)」(原題:Before Sunrise)/1995年

    これは、映画好きの夫が大学のときに何度も繰り返し観たという映画の1つ。
    最初は、邦題のあまりのダサさに観るのを少し躊躇したようですが、
    一度観たらハマってしまったようです。

    舞台はオーストリアのウィーン。
    主役のイーサン・ホークとジュリー・デルピーが、ウィーンの街並みを背景に、
    出会いからの限られた時間の中、ひたすら会話しつづけます。


    もう一本。

    20070301071659.jpg
    「ビフォア・サンセット」(原題:Before Sunset)/2004年
    こちらは上記の続編です。
    (さすがに今回は原題のままにしたようですね

    前編の"9年後"というシチュエーション。
    映画の中だけでなく、現実でも本当に9年経っているところがすごい!!

    舞台はパリ。
    ここでも主役のふたりが、相も変わらず延々とさまざまなことについて話し続けます。
    ふたりの会話や雰囲気から、"9年"という年月の重みがひしひしと伝わってきます。
    とにかくラストが完璧です


    夫は現実に9年経ってから続編を観たので、とても感慨深いものがあったようです。
    私は前編と後編を立て続けに観ましたが(笑)、それでも強く心を打たれる
    ホント素敵な映画でした。

    また、夫はMBA受験の際、英語のリスニング強化のための教材としても
    多いに活用していたようです。
    とにかく会話が多く、知的かつ素敵なストーリーなので、何度観ても飽きないようです。

    機会があれば、"あまり期待しないで"、観てください。


    人気ブログランキング参加中★
    またまた100位以下に・・・応援よろしくお願いします。
        ↓


    スポンサーサイト


    Thu/ 22/ 02/ 2007 * 12:21
    ○ 「VOLVER」

    いつものように、夫の学校ESADEのスペイン語の授業に行くと、
    先生が突然、「今日は映画を見るわよ!」と言い出しました。え?映画ですか?!

    そして、スクリーンのある大きな教室に移動して、席に着くや否や、
    スクリーンに流れ始めたのは「VOLVER」というスペイン映画。
    「VOLVER」とはスペイン語の動詞で、「帰る、戻る」とかを意味します。
    今やスペインを代表する女優、ペネロペ・クルス主演。

       volver.jpg


    そんなこんなで約2時間弱ぶっとおしで、もちろんスペイン語で映画を見ました
    完全に理解するにはまだまだですが、字幕(スペイン語)の助けもあり、
    なんとか大体のストーリーを把握することはできました。


    つづきをよむ


    Wed/ 21/ 02/ 2007 * 21:40
    ○ ちゃんこ

    IMG_27191.jpg


    今年のお正月、日本一時帰国した際に、
    これを調達してきました。


    ということで・・・



    夫のクラスメイトを招待し、ちゃんこ鍋ホームパーティをしてみました

    IMG_27351.jpg
    左から、インド人Pa、スペイン人Da、カナダ人Sh。
    お箸を一生懸命使う姿が、とてもかわいらしい。意外とうまい

    インド人Paとカナダ人Shは、私たちのスペイン語のクラスメイトでもあり、
    去年、彼らのホームパーティに招待してもらいました。
    スペイン人Daは、私のスペイン語の先生であり、私の日本語の生徒でもあります。
    みんなとても優しくて、気のいい人たちばかりです。
    ホントはもう少し大勢招待できればよかったのですが、うちは狭いので・・・

    白菜、しいたけ、豆腐など、日本の食材ばかりで大丈夫かなぁとか、
    この微妙な塩加減に満足してくれるかなぁとか、
    ちょっと心配していたのですが・・・なんと完食でした!!
    美味しそうに、何でもパクパク食べてくれて、ほっとしましたよ
    もちろん、〆はおじやで。

    しかも、これがまた飲む飲む!!
    ビール約30缶、カバ1本、ポートワイン2/3本、ワイン1本、芋焼酎ワンカップ etc・・・
    ちょっと酔っ払って、た?くさんしゃべって、もう笑いっぱなしでした



    つづきをよむ


    Mon/ 19/ 02/ 2007 * 22:39
    ○ モミちゃん

    IMG_26691.jpg
    モミちゃん(推定生後6ヶ月)

    ご近所さんの夫のESADE同級生夫妻Y&小鹿ちゃん宅の子です。
    もっと小さい子猫だったときに捨てられていたらしいのですが、
    彼らが拾ってきて、今はスクスクと元気に育っております。ホント幸せ者だなぁ

    そんな彼らが先々週、ESADEの企画でアンドラへスノーボード旅行へ行った際、
    モミちゃんのお世話係に任命されました

    私がご飯をあげに行くと、ちゃんとわかるのでしょう、
    ニャーニャ言って、ずっと私の後をついてきます。
    ぬいぐるみを追いかけたり、じゃれたりして、一緒に遊びんだりもします。

    でも2日目にもなると、ちょっと寂しくなってきたのかな、
    小鹿ちゃんのパジャマを涙目で(そう見えた)、モミモミしていました
    あと、私に寄り添ってきたり、おなかを見せて甘えてきたり。


    つづきをよむ


    Sat/ 17/ 02/ 2007 * 16:57
    ○ CARNAVAL

    今週スペイン語の授業で、"CARNAVAL"という単語が出てきました。
    帰ってちょっと調べてみると、"謝肉祭"とのこと。

    ラテン語の「carne=肉、vale=さらば」に由来しており、元来、断食の前に行われていた
    お祭りだったようですが、現在は宗教色を失い、お祭り行事化しているところも多いよう。

    毎年2?3月に1週間ぐらいかけて行われるお祭りで、スペインでは
    シッチェスという街のCARNAVALが大きくて有名なようです。

    その夜ちょっとお出かけすると、あら?近所の教会前に何やら人だかりが・・・なんだなんだ
    IMG_27131.jpg
    なんと、ちょうどCARNAVALのお祭りが行われているところでした
    舞台の上で子供たちが歌ったり踊ったりしていて、それをご両親をはじめ
    近所の大人たちが楽しそうに見守っていました。

    IMG_27111.jpg
    子供たちはみんな、ピーターパンや魔女などに変装していて、とてもキュート
    何かには、わけの分からないものに変装していている子もいたりして、面白かったな。

    近所の小さなお祭りでしたが、授業で習ったばかりのスペイン文化に、思いがけず
    触れることができ、何だかうれしかったです。


    つづきをよむ


    Wed/ 14/ 02/ 2007 * 23:42
    ○ インテルカンビオ

    IMG_27091.jpg
    夫のESADE同級生のスペイン人Dani(ダニー)。

    明るくて、優しくて、とーっても人気者な彼。
    彼は日本が大好きで、なんと現在、日本語勉強中!!

    そんな日本語を学びたい彼とスペイン語を学びたい私とで、つい最近"インテルカンビオ"を始めました。
    インテルカンビオとは、お互いの母国語を話し、学びあうことです。

    個人的見解ですが、アルファベット圏内で育った外国人にとっては、日本語は本当に気の遠くなるくらい難しい言語だと思います(だって、ひらがな、カタカナ、漢字もあるし、表現の仕方も色々あるし・・・)。なので、日本語を学びたい!!という姿勢だけでも、とても尊敬します


    彼が日本語が上手に話せるようになるよう、私が責任をもって育てたいと思っています(笑)
    そしてもちろん私もスペイン語が上手に話せるようになるよう、彼から多くを学びたいと思います

    人気ブログランキング参加中★
    スペイン語の応援、por favor!!
        ↓




    Sun/ 11/ 02/ 2007 * 23:24
    ○ タコ!!!

    夫が突然、「タコが食べたいなぁ」と言い出しました。
    ※スペイン語で、タコはpulpo(プルポ)と言います。

    スペイン北西部に、リアス式海岸を持ち、海の幸が豊富に獲れるガリシア地方
    というところがあります。そこの名物タパス「タコのガリシア風」が前から
    一度食べてみたかったのです
    色々調べた結果、向かったのは、地球の歩き方にも載ってる「Certa」というタコ屋さん。

    IMG_26932.jpg
    とりあえず、タコをオーダーしてみた。
    すると、巨大タコを華麗にさばくオヤジ登場。

    足の部分をサクッサクッと、慣れた手つきで細かく切っていきます。
    ちょっと恥ずかしそうに写真を撮らせてくれましたよ。

    IMG_26952.jpg
    そしてすぐに出て来ました!
    「タコのガリシア風(Pulpo a la gallega)」

    早速、ひとつ爪楊枝で刺していただくと、
    おぉものすごくやわらかい。ん?うまい!
    もっと引き締まった食感を想像していたので、驚きました。そしてほんのり温かい。

    余談ですが、西洋ではタコやイカは悪魔の魚と言われており、好んで食べないそうです。なのでスペインは西洋では、日本のようにタコを普通に食べる国としては珍しいそうです。

    そんなわけで、西洋で化け物というとタコやイカのいでたちだったりすることが結構あるようです。
    もしかしたら「パイレーツ・オブ・カリビアン」で出てきたタコ(イカ?)船長も、そういうイメージから来ていたりするのかなぁと思いました


    つづきをよむ


    Sat/ 10/ 02/ 2007 * 12:26
    ○ 感情表現のレベル

    IMG_26801.jpg
    カタルーニャ駅にて、何やら人だかりが出来ていると思ったら、
    黒服を来た団体が、今にも歌い出すところでした。

    ここカタルーニャ駅はバルセロナの中心にある大きな駅で、
    地元人はもちろん、観光客など、毎日たくさんの人が利用しています(スリも多い)。
    なので、かなり大勢の見物人がいました。私たちもその輪にまじります。

    すると、彼らが自然と歌い出しました。
    どうやら右と左ほぼ半分に分かれ、掛け合いみたいな感じで歌っています。
    振り付けは大体決まっているようですが、そんなのはほっとんど気にせず、
    めいめい感情をあらわにして、自由に身体を動かし、大きな声で歌っています。


    つづきをよむ


    Thu/ 08/ 02/ 2007 * 21:45
    ○ 和中折衷

    おなじみの中華食材店での、今回の収穫は・・・

    IMG_26561.jpg

    大好きなアサヒスーパードライとサッポロ黒ラベル★

    いや?こちらで飲む日本のビールはまた格別ですね
    なんというか、贅沢感があります。

    最近こちらのビールに舌が慣れてきつつありましたが、
    日本のビールはやはりかなり苦味があって、私たち好み。

    お値段は思ったよりはお安く、1瓶1.2ユーロ(約190円)。
    地元のビールが0.4ユーロなので、
    お値段は3倍ですが、美味しさは10倍でした

    オクラは、1袋1.99ユーロ(約315円)。
    ちょっと高めですが、大きくてしっかりしていて、
    数も多かったので、納得のプライス。


    IMG_26601.jpg




    オクラは、今回どうしても"和"の味でいただきたかったので、ささっと茹でて、かつおぶしをかけて、お醤油を少したらしただけで、超シンプルにいただきました。

    独特のネバネバ感、歯ごたえがたまりませんでした?


    つづきをよむ


    Tue/ 06/ 02/ 2007 * 20:23
    ○ 地元密着型

    IMG_26521.jpg
    近所の鶏肉屋さん。

    バルセロナでは、大きなスーパーより、こういう地元密着型の小さなお肉屋さんが
    人気があります(お肉屋さんに限らず、薬屋さんとかパン屋さんとかもそう)。
    だけど、こういうお肉屋さんでは、お肉がかたまりのままど?んと置いてあり、
    自分の欲しい部位や切り方、量などを細かく指定して注文しなければなりません。
    そんなわけで、スペイン語が全くわからなかった当初は、何となく敬遠気味でした。

    なので、お肉はいつも、わざわざバスに載って15分位のところにある大きなスーパー
    まで行き、大量に買ってきては冷凍していました。というのも、そのスーパーでは、
    日本のようにパッキングされたお肉が売ってるから楽ちんなんです。
    それに近所のスーパーでは、一部位の豚肉しか売っていないし(お魚も冷凍物しかない)。

    でもなぜか昨年末から、スーパーでいつも買っていた鶏もも肉がなくなり困っていました。
    そんな矢先、ふと目に付いたこちらのお店に勇気を出して入ってみたところ、
    店主のおじさん、奥さん、お姉さんみんなとても親切でそれから常連になりました。

    IMG_26502.jpg
    注文すると、こんな風にその場ですばやく切ってくれます。
    まぁ、その手つきの鮮やかなこと。そして秤に乗せて、計算してくれます。

    IMG_26511.jpg
    見たくない人ゴメンナサイ!!
    そのまんまの姿でディスプレイされていたりもします。
    最初のころは、ギョッとしましたが、意識を"無"にできれば大丈夫です。修行です。




    つづきをよむ


    Sat/ 03/ 02/ 2007 * 14:06
    ○ 素敵な場所

    バルセロナの地下鉄構内には、こんな素敵な場所があります。


    誰でも自由に、音楽を演奏できるスペース。


    日本では改札の外で演奏している人はたまに見かけますが、
    駅構内にはいらっしゃいませんよね。

    バルセロナも地下鉄は意外と殺伐とした雰囲気があるので、
    どこからともなく素敵な音色が聞こえてくると、心が癒されます。
    フルート、バイオリン、ハーモニカ、アコーディオン・・・
    真剣な人もいれば、楽しそうに踊りながら奏でている人もいる

    自分の好きな音楽を演奏する人たち。
    それを聴いて癒される人たち。
    みんながハッピー、みんなが笑顔!!

    そして、そんな場を提供している社会。
    とても素敵だなぁと思いました。


    つづきをよむ

    [TOP]
    copyright (C) 2006 ちょっと、ぽるふぁぼ?る all rights reserved. [ template by *mami ]
    //
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。