みんこ
autora:みんこ
バルセロナMBA留学の夫についてきた妻。こちらに住んで早1年。残り半年、がんばります。


12  | 01/2008 |  02
do lu ma mi ju vi sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

○categorías
  • 暮 (101)
  • 衣 (4)
  • 食 (44)
  • 住 (4)
  • 学 (15)
  • 美 (2)
  • 観 (14)
  • 珍 (6)
  • 旅 (76)
  • 思 (4)


  • ○entradas últimas
  • Muchas Gracias!!! (07/08)
  • 出発 (10/04)
  • 最後の夜 (04/04)
  • 最後の散歩 (03/04)
  • 最後のランチ (02/04)
  • スペイン語、修了 (01/04)
  • あたたかい (31/03)
  • Sevilla (30/03)
  • Segovia (29/03)
  • Madrid (28/03)


  • ○comentarios últimos
  • みんこ:ポルトガル ?食事編? (01/12)
  • こえだ:ポルトガル ?食事編? (28/11)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (29/08)
  • k-chulo:Muchas Gracias!!! (28/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (26/08)
  • すず:Muchas Gracias!!! (24/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (13/08)
  • マチャン:Muchas Gracias!!! (13/08)
  • みんこ:Muchas Gracias!!! (11/08)
  • ムロムロ:Muchas Gracias!!! (09/08)
  • YUYA:出発 (22/07)
  • みんこ:出発 (21/07)
  • YUYA:出発 (05/07)
  • みんこ:あたたかい (13/04)
  • マチャン:あたたかい (12/04)


  • ○archivos
  • 08/2008 (1)
  • 04/2008 (5)
  • 03/2008 (22)
  • 02/2008 (7)
  • 01/2008 (16)
  • 12/2007 (16)
  • 11/2007 (8)
  • 10/2007 (7)
  • 09/2007 (4)
  • 08/2007 (10)
  • 07/2007 (31)
  • 06/2007 (19)
  • 05/2007 (14)
  • 04/2007 (12)
  • 03/2007 (14)
  • 02/2007 (11)
  • 01/2007 (11)
  • 12/2006 (14)
  • 11/2006 (10)
  • 10/2006 (17)
  • 09/2006 (11)
  • 08/2006 (10)


  • busca en este sitio...
    Muchas Gracias por venir!!

    --/ --/ --/ -- * --:--
    ○ スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    Thu/ 31/ 01/ 2008 * 23:31
    ○ ペリオディコ

    バルセロナでは街中に、無料の新聞があふれています。

    毎朝、駅前で配ってたり、パン屋さんやピソの入り口にポンと置いてあったり
    何気に人気があり、誰かが電車の網棚に置いていった新聞の争奪戦が
    繰り広げれられたりもします 何を隠そう、私もそのひとり。

    私がよく手にするのは、こちらの3つ。
    IMG_4932s1.jpg
    「Que!」
    「Metro」
    「20minutos」

    個人的には、「Que」が読みやすくてお気に入り
    また、バルセロナでは各新聞ともカタラン語のページを持っているのですが、
    「metro」と「20minutos」に比べると、そのページ数も少ない気がします。

    最初のころは、カタラン語とスペイン語の区別もつかず、
    とりあえず読み流していたのですが、今は違いがわかるようになったので、
    カタラン語のページはきっちり読み飛ばしています(笑)

    見出しだけでもいいので、さっと読むとその日のニュースもわかって、
    いい勉強になります。



    "ケ ! "
    スポンサーサイト


    Tue/ 29/ 01/ 2008 * 23:59
    ○ アントニ・タピエス美術館

    IMG_5060s1.jpg

    "ピカソ、ダリ、ミロに次ぐ、スペイン現代美術の巨匠と呼ばれるアントニ・タピエス。
    美術館は、ドメネク・イ・モンタネールによって建てられたモデルニスモの建物の内部を、完全にリフォームしたものだ。"

    地球の歩き方バルセロナ編より。


    改装中で見れませんでした。
    2008年の上半期はクローズとのこと。

    つまり今回の滞在中には見れないということね
    あ?早く行っとくべきでした。。。



    Que pena!!


    Mon/ 28/ 01/ 2008 * 23:55
    ○ ドメネク・イ・モンタネール

    彼の代表作。

    IMG_5019s2.jpg

    さて、ここは一体なんでしょう?


    つづきをよむ


    Sun/ 27/ 01/ 2008 * 23:52
    ○ カタランチ

    IMG_4996s1.jpg
    久々に夫とランチ・デート。
    ESADEのスペイン語教師Anオススメの「La Singular」という、カタラン料理レストラン

    13時半ぐらいに着くと、どうやら私たちが本日初のお客さんだったらしく、とても静か。メニューもカタラン語だったので試行錯誤していると、店員さんがそっと近寄ってきて、一品一品カスティリャーノで丁寧に説明してくださいました。

    そうこうしているうちに、あっという間に店内は満席に。近所のオフィスワーカーたち(たぶん)がランチタイムに一気に押し寄せてきた模様。みんなカタラン語でおしゃべりを楽しんでいます

    料理は俗にいうところの"カフェ飯"でしたが、普通に美味しかったので、次回はぜひディナーにカタラン料理を食べに来てみたいな


    <La Singular>
    住所   :  C/ Francisco Giner 50 08012 Barcelona, Spain →GoogleMapで一発検索可!!
    tel    :  932 375 098



    グラシア地区おもしろい


    Sat/ 26/ 01/ 2008 * 20:30
    ○ サッカー・コミュ

    IMG_4973s1.jpg
    不定期ではありますが、夫はESADEの仲間たちと、月に3、4回ぐらいサッカーをやっています。

    家からすぐ近くのグラウンドでやっているのに、普段は滅多に見に行かない私ですが、もうすぐ卒業だしなぁということで、ちょっと見学に行ってきました。

    夫の同級生はもちろん、新入生、Exchange、1year制の学生などなど、知らない顔もたくさん。各自プレーに個性があり面白く、いつの間にか観戦に夢中に

    気が付けば終了30分前。一足先に家に帰って、ご飯の用意をしましたよ

    スポーツってやっぱりいいものですね。



    私も体動かさなきゃ


    Fri/ 25/ 01/ 2008 * 23:39
    ○ 若手アーティスト

    IMG_4955s1.jpg
    コリンちゃんの弟とその友達が、バルセロナへ遊びに来ました。彼らは絵画を学んでおり、今回美術館巡りのためバルセロナへやってきたのです。

    日本のカレーで、おもてなし。
    よっぽど辛かったらしく、顔を真っ赤にして、ヒーヒー言いながら食べてました
    なんともない中辛だったんですけどね?

    お帰りはナイトバス
    寒い中みんなでバス停で待っていると、やっとバスが現れた。安心して、それぞれがほっぺにチュッチュとスペイン式のお別れの挨拶をしていると、その間にバスが素通り

    猛ダッシュで追いかけると、ちょうど信号でバスが止まった。ほっと一息。ドアが開いた。運転手のおっちゃんが一言。
    「手を上げてなかったから、乗せられないよ。」

    意味が分からず、一同唖然??
    とりあえず低姿勢で交渉すること数分・・・。無駄でした。最後まで断固として乗せてはくれませんでした。信号でちょうど数分間停止してるんだし、他に車もいないんだし、ちゃちゃっと乗せてくれてもいいものなのに。ただの嫌がらせとしか思えません

    気を取り直し、寒い中さらに20分待ち。
    次のバスが見えたとき、一同激しく手を振ったのは言うまでもありません



    観光客にはやさしく


    Thu/ 24/ 01/ 2008 * 23:34
    ○ お?い、マイコー!!

    IMG_4937s1.jpg

    アメリカ人Miから、寿司ブレックファーストのお誘いが

    いい寿司ネタを手に入れるため、土曜の早朝、眠たい目をこすりながらも気合を入れて、Mi行き付けのボケリア市場へいざ出陣!!


    ところが、Mi現れず・・・
    何度も電話したのですが。


    仕方がないので、イイダコのみ購入し、直帰



    二度寝



    Tue/ 22/ 01/ 2008 * 15:55
    ○ Que tengamos suerte!!

    IMG_4926s1.jpg
    スペイン語学校の今コースの授業終了。
    (ご覧の通り、クラスメイトの過半数以上が中国人)

    昨日ですべてのテストも終わり、あとは結果を待つのみ。
    今回は公式テストということもあり、ちょっと難しかったですが、
    できることはやったので、今は晴れ晴れとした気分です


    あ、ESADEのスペイン語クラスももちろん始まっています。
    これが卒業前の最後のクラスになります。



    みんな、ありがとう




    Sat/ 19/ 01/ 2008 * 16:43
    ○ スペイン病院事情

    そういえば昨年末、事件が起こりました。

    それは夫が日本に帰国した翌々日のこと。
    アルバセテに旅立つ数日前のことです。

    突然、腰に急激な痛みをおぼえ、動けなくなってしまったのです
    学校はもちろん、近所のスーパーまでも行けないくらいに・・・。

    こんなときに限って夫もいない…。
    動けないから何も食べられなくて飢え死にしそうになってたとき、救世主エレナ登場!!
    買出しをしてくれ、夕飯も作ってくれ、数日分タッパーに保存までしてくれました

    翌朝。
    病院まで徒歩10分の距離ですが、全く歩けないのでタクシーを呼び出す。

    IMG_0099s1.jpg
    診察後、念のためレントゲンを撮りましょうということに。別の病院で・・・
    この痛みを抱え、また一から新しい病院へチャレンジしなくてはならないとは・・・かなり面倒

    行くのやめようかとも思いましたが、幸い帰途にあったので寄ってみる。
    ひと仕事終え、なんとか無事帰宅。ふぅ?。

    後日そのレントゲン結果を持って、元の病院へ行かないといけないため、予約の電話を入れる。
    すると電話口のセリョーラが、「あなた、さっきの診察代払ってないでしょ!!」とカンカン
    どうやら私の未熟なスペイン語のせいで勘違いが発生し、未払いで帰ってきてしまったもよう
    せめて故意でないことだけは理解して欲しかったので、珍しくちょっと食い下がってみたのですが、
    「払わないと次の予約はできません!!」と、撃沈・・・

    その翌日。
    仕方がないので、痛い腰を抱え、なんとか歩いて元の病院へ。
    受付にいた優しそうなセリョーラに事情を説明し、支払いを済ませ、予約も無事ゲット
    受付の奥にいた怖そうなセリョーラがギロリとこちらを見る
    電話に出たのは彼女に違いない。ああいう人には一度言葉の通じない海外で暮らしてみてほしい。

    さて。
    結果ですが、"急性腎炎"でした。
    薬をもらって数日ですっかり回復

    最初はただのぎっくり腰かなとも思ったのですが、なんか違う感じもしたし、
    海外だし、ひとりだったし、旅行は控えてるしで・・・、
    結果から言えば、頑張って病院へ行って良かったです。
    薬飲まないと治らないみたいだったので。

    日本ではすんなりなことが
    海外だと何かと大変です。。。

    あ、上の写真は昨年の今ごろ40度近くの高熱を出した夫が病院に行った際に撮ったもの。
    私には写真を撮る余裕なんてありませんでしたので・・・



    健康が一番




    Tue/ 15/ 01/ 2008 * 22:50
    ○ 特注

    IMG_4501s4.jpg
    漢字Tシャツ。
    モデル:亜流辺流斗(アルベルト)

    ここで作ってもらいました↓
    和工房 包結(わこうぼう ほうゆう)



    大喜び



    Mon/ 14/ 01/ 2008 * 02:05
    ○ 3回目

    またまた、お好み焼きパーティ開催!!

    バカのひとつ覚えのように、今回で3回目。(1回目2回目

    今回は、ドイツ人Thとその彼女スペイン人Maを初めてお招き。
    そしてあとはいつものメンバー

    突然、彼らが「ぼくらも作ってみた?い!!」と言い出したので、
    恐る恐るお任せすることに。Thは無関心
    IMG_4907s1.jpg
    よいしょ ぶた肉&もちミックス??!!
    ちょっと奇妙な組み合わせですが、意外とイケました

    おそらくこれがバルセロナでの最後のお好み焼きパーティになると思います・・・



    "たけのこの里"大人気


    Thu/ 10/ 01/ 2008 * 23:30
    ○ 無事帰還

    IMG_4888s2.jpg
    わが友Dani、バルセロナへ無事帰還。

    去年の夏以降、彼はExchange Studentとして香港にて勉強(?)していたのです。

    久々に会った彼、ちょっとげっそりしてました
    本場の味が肌に合わなかったご様子

    またカルチャーギャップも相当だったようで、大陸の風はもやしっ子の西洋人には相当手厳しかったらしく

    とにかくバルセロナに帰ってきて、家族に会えて、毎日生ハム、チーズ、パタタスブラバスなど食い荒らしているようです

    彼の大好きな日本食を食べながらの
    "Dani武勇伝"は、2件目まで続くのでした



    おかえりなさい


    Mon/ 07/ 01/ 2008 * 22:22
    ○ バイヨンヌ

    さて、国境を越えてフランス側バスクへ。

    ここへ来たのは、コリンちゃんの故郷、バイヨンヌ訪問のため。
    バイヨンヌはフランス側バスクの小さな街で、
    フランスで初めてチョコレートが伝わった場所として有名。

    コリンちゃんが、サン・セバスチャンまで車で迎えに来てくれました
    途中、Biarritzという海沿いの高級リゾート地に寄り道した後、いよいよバイヨンヌへ。


    IMG_4830s1.jpg
    こんな風に、白壁に赤枠の窓が典型的なバスクの家並み
    赤以外の家は、市にお金を収めないといけないとか。
    街の景観を大切にしている証拠ですね。

    スペインから車でたった1時間しか来ていないのに、
    言葉はもちろん、街並みやお店の雰囲気も全然違う。
    ピレネー山脈に囲まれた、大きなの川の流れる、ロマンチックなかわいい街
    ここはフランスだな?と改めて実感。


    IMG_4859s1.jpg
    コリンちゃん一家。
    4人兄弟で、一番下の弟はまだ9歳。かわいい?

    なんと、家は築200年。とても味のある木造の家で、今でもお父さんお母さんが
    幾度も改装を重ね、大切に住んでいる様子。

    とにかく、ホントにいろんなモノであふれかえっていた家の中は、
    一見無造作なようで、ひとつひとつのモノたちにそれぞれのストーリーが感じられるためか、
    まるで完璧に計算されているかのようなとっ散らかり方で、最高にオシャレ。
    インテリア会社で働いていた夫は、そりゃもう、終始大興奮

    お母さんが画家で、子供たちもその影響を受け、絵を勉強しているとのこと
    家のいたるところに絵が飾ってあり、すべての装飾が、とにかくわざとらしいくらいにすっごく自然。

    犬、猫、うさぎ、馬、にわとりなど、たくさんの動物たちと過ごす生活
    お父さんの自家製フォアグラのパテがとにかく最高で、
    手作り洋なしバニラジャムや、バケットも感涙モノ

    手作りで家を作ったり、絵を描いたり、夕食に何時間もかけたり、
    家具や食器やグラスも古いんだけど大切に長く使ってる感じとか、
    あわただしく移り変わりの激しい東京で過ごしてきた私にとっては、
    とてもとても素敵な生活に見えました

    うまく表現できないのですが、人生で一番のカルチャーショックでした。
    生活の豊かさ、Quality of lifeの豊かさに…。

    コリンちゃん含め、子供たちもホント素直でとてもいい子たち。
    こんな"超文化的"な家庭で育ったら、そりゃぐれないよな?。




    Fuimos a País Vasco de Francia para visitar a la casa de Coline en Bayonne.
    Bayonne es una ciudad muy famosa por chocolate, jamon y iglecia.

    Estas casas con la pared branco y la ventana roja son muy tipicas de Paìs Vasco.
    La gente que tiene la casa excepto este color tiene que pagar al ayuntamiento.
    Es la prueba de preservar el paisaje de la ciudad.

    El idioma y el ambiente de la ciudad son muy diferente de los españoles
    aunque vinimos solo 1 hora en coche desde España.
    Bayonne es muy bonita y romantica con el río muy grande y los Pirineos.

    La familia de Coline. Son 4 hermanos, su hermano más menor tiene 9 años, muy rico.
    Su casa tiene más de 200 años, increible!! Pero es muy preciosa y nos gusta mucho!!!
    Su madre es pintora, sus hermanos tambien estudian pintar.
    Entonces hay muchos cuadros en la casa.

    Viven con perros, gatos, caballos, gallinas y muchos...
    El foie y la mermelada de pera y vanilla que hizo sus padres son muy deliciosos
    y los barra de pan tambien son muy sabrosos.

    No puedo explicarme muy bien pero sentí un choque cultural muy grande.
    Toda la familia es muy simpatica y amable.
    Muchisimas gracias por Coline!!!



    フランスとスペイン、全然違う



    Sun/ 06/ 01/ 2008 * 22:18
    ○ サン・セバスチャン

    スペイン随一の美食の街、サン・セバスチャンへ。

    ビルバオからバスで1時間ちょっと。

    IMG_4730s1.jpg
    事前に選りすぐった10ヶ所以上ものBarで、ホント色んなピンチョス(小皿系ピンチョス含む)を食べました。

    その中でも、ここの海老のピンチョス(Brocheta de Gambas)は断トツのピカイチ

    これを食べた後では、他のそれなりに美味しかったピンチョスたちがかな?りかすんで見えました。
    もちろん何度も通っちゃいましたよ。

    サン・セバスチャンへ行ったら、ぜひお試しあれ。

    <GOIZ ARGI>
    C/Fermin Calbeton,4
    94 342 5204


    とにかくサン・セバスチャン、
    Bar巡りしかやることありませんでした。
    ま、そのために行ったようなもんだから、
    別にいいんですけどね?


    注)
    ピンチョス:お肉や魚介類を串刺しにしたり、バゲットにのせたおつまみ。
    小皿系ピンチョス:高級な食材を小皿にしたもの。



    ピンチョスボン


    Sat/ 05/ 01/ 2008 * 23:21
    ○ ビルバオ

    Mapa de Pais Vasco
    年明け早々、バスクへ。

    バスクとは、北スペインと南フランスにまたがる地域。
    バルセロナのあるカタルーニャ地方と同じで、独自の文化(言語など)を大切にしています。
    スペインから独立したがっているのも、同じ。

    とにかく食事が美味しいということで、以前から行ってみたかったのです
    まずは飛行機でぶ?んと、ビルバオ(Bilbao)へ

    街のシンボル、グッゲンハイム美術館はさておき(展示いまいち・・・)、
    意外に面白かったのが、これ。

    IMG_4672s1.jpg

    空飛ぶじゅうたん?

    みたいで、ちょっと衝撃を受けました(笑)。
    ビスカヤ橋といいます。

    橋から吊るされたゴンドラ(?)の両脇に人、真ん中に車が乗る仕組み。
    橋の上を歩くことも出来ます。夫が高いところが苦手なためNGでしたが・・・。

    周辺に橋がないのか、人も車も結構混雑していましたよ。

    何気に世界遺産



    バスク語ちんぷんかんぷん



    Tue/ 01/ 01/ 2008 * 12:00
    ○ あけましておめでとうございます

    IMG_4610s1.jpg
    今年はバルセロナでお正月を迎えました。

    こちらでは年明けカウントダウンの12回の鐘の音に合わせて、
    12粒のぶどうをいただくのが習慣だそう

    大晦日の夜ギリギリに、日本一時帰国から戻ってきた夫とともに、
    ぶどうとCAVA(スペインシャンパン)を持って、カタルーニャ広場へ!!
    なんと年明け5分前着

    ぶどうを片手に、今か今かとカウントダウンを待ちます。
    すると、どこからともな花火がヒューンヒューン
    あれ?どうやらいつの間にか0時過ぎちゃった様子。
    とりあえずCAVAで乾杯 続いて、ぶどうをほおばる。順番逆

    そんなわけで思ったほどの盛り上がりはなく、ちょっと残念でした。
    年明けカウントダウンは、やはりマドリッドのPuerta del Sol広場が本場なんでしょう。

    あまり年が明けた実感がありませんが、今年もどうぞよろしく。
    2008年がみなさんにとって素敵な年になりますように



    お正月はやっぱり日本だな


    [TOP]
    copyright (C) 2006 ちょっと、ぽるふぁぼ?る all rights reserved. [ template by *mami ]
    //
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。